月経痛に効果のあるピルについて

月経痛は、多くの女性を悩ます深刻な問題の1つです。月経痛を感じる人の割合は、全体のおよそ3割とされています。その痛みは人それぞれ異なりますが、痛みがひどい人の場合は、日常生活に支障を来たす場合も少なくないのです。その主な症状と言えば、腹痛や腰痛、全身の倦怠感、頭痛、吐き気、イライラなど、様々な不快な症状が現れます。
では、月経痛を引き起こす原因について説明します。生理が始まると、経血を排出するためにプロスタグランジンと呼ばれるホルモンが分泌されます。このホルモンの作用により、子宮が収縮します。しかし、プロスタグランジンの分泌量が多いと、子宮の周辺にある臓器にも影響を与えることが分かっており、そのため腹痛や腰痛を引き起こすと考えられています。
このように、非常に強い痛みや不快な症状をもたらす月経痛の症状に悩む場合、医療機関ではピルを処方することが一般的です。
そこで、ピルが月経痛を抑える作用について考えます。ピルには、子宮内膜の増殖を抑える効果があることが分かっています。この効果により、プロスタグランジンの分泌量も減らすことができ、月経痛の症状を抑えることができるのです。さらに、ピルを服用することで、月経時の出血量も減ることが分かっており、生理中の不快感を減少させることも可能です。
また、月経時に起こる症状には、ニキビなどの肌トラブルが起こりやすいことも報告されています。その理由は、女性ホルモンの1種である黄体ホルモンの量が関連しています。黄体ホルモンの量は生理前に多くなるため、ニキビを発症しやすい状態に変えるのです。このニキビの原因になる黄体ホルモンの働きを抑制する効果がピルにはあり、よって嫌なニキビも改善することができ、また美肌へと導いてくれるのです。

ページトップへ